株式会社tegy

#TikTok

TikTok運用代行の費用はいくらかかる?相場とおすすめ企業11選

TikTokのアカウントを作る際に、運用代行を検討する方もいるでしょう。しかし、具体的にかかる費用がわからず、代行の外注をすべきか判断に迷うかもしれません。

そこで、TikTok運用代行にかかる費用やおすすめの運用代行会社を11社紹介します。

TikTok運用代行依頼のできる企業とは

TikTokの運用代行会社は、TikTokの投稿や管理、分析などを引き受けるマーケティング・コンサルティング系の企業を指します。TikTokは通常、企業が自社のアカウントを作って、その担当社員が投稿や管理をするのが一般的です。

しかし、自社のリソースだけではどうしても運用ができない、投稿が続かない、企画アイデアを思いつかない、というケースもあるでしょう。そういった場合に、運用代行会社が代わりにTikTokの投稿や管理、アイデア出し、分析・フィードバックなどの業務を担います。

代行を依頼する費用相場

運用代行を依頼する際の費用は、一般的に固定報酬(月額課金)と成果報酬(都度課金)の2つのタイプがあります。固定報酬の場合、初期費用は約5万円から40万円程度が相場とです。そして、月額費用は30万円以上が一般的な範囲となります。

一方、成果報酬の場合は、初期費用や月額固定費用はなく、実際の成果に応じた費用が発生します。たとえば、1フォロワーが増えるごとに100円、またはコンバージョン(CV)が増加するごとに数百円から数千円が支払われる形です。

どちらの形式の費用体系を選ぶべきかは、依頼主のニーズや予算によって異なります。固定報酬は予算をあらかじめ確定させることができます。一方、成果報酬は実際の成果に応じた費用が請求されるため、成果分のみの負担です。

ただし、固定報酬の場合は、成果に関係なく一定の費用が発生するため、予算の制約がある場合には慎重に検討する必要があります。固定報酬と成果報酬を合わせたプランを提示する会社も中にはあるため、見積もり時にどちらか確認しましょう。

TikTokの代行運用を依頼するメリット

TikTokに代行運用を取り入れることには以下のようなメリットがあります。

運用にプロの手を借りられる

まずは、プロに運用を一任することができる点です。プロとは専門的な知識や経験を持つスタッフのことで、それを活かした運用が可能なことは大きなメリットです。TikTokアカウントの提案から作成、設計、動画制作、企画、編集・撮影、投稿までの全ての工程をワンストップで依頼できます。

もちろん、部分的な依頼も可能です。特に、自社では思いつかないようなアイデアや戦略をプロが提案してくれるため、自社だけで運用するよりも効率的に運用可能になり、アカウント運用の成功確率も高まります。

時間や労力の節約になる

運用を任せることで担当社員が担う業務負担が軽減されるのも代行運用のメリットです。例えば、アカウント運用は投稿時だけ管理すればよいわけではなく、投稿前の段階から企画を作って全体を計画し、投稿後はコメント管理や分析、フィードバック・改善と多くの工数がかかるのです。運用代行に任せなければこれらの負担が自社社員にのしかかります。

しかし、代行業者に運用を任せることで単純に業務量が減り、企業や担当社員はその時間と負担労力を節約することができます。しかも、代行業者は専門性が高く、短期間のスピード投稿や頻度の低い業務にも柔軟に対応するなど、時間のかかる業務も効率的に行えます。

炎上リスクの管理がしやすい

TikTokの代行運用を依頼することで、炎上リスクの管理がしやすいのもメリットの1つです。アカウントを管理するノウハウの中には、炎上対策が入っており、リスクを軽減するためのポイントを守る手はずです。

しかし、自社運用の場合、そのポイントを守ることに慣れておらず、不用意な発言やコメント、不適切なコンテンツ内容で炎上します。そこで、予防ポイントを熟知した運用代行会社なら、炎上を事前に予防するための対策を施すことが可能です。

また、炎上が発生した場合にも迅速な対応と公式なコメントの発信が求められます。代行運用会社は炎上時の対応も盛り込んで、迅速かつ適切な対応を行うことができます。実際に炎上した場合も、広報戦略の構築が得意な代行運用会社なら、適切なメッセージ広報活動の計画立案などを通じて、炎上の影響を最小限に抑えることが可能でしょう。

TikTok運用の代行会社に依頼するときの注意点・デメリット

TikTokでは代行会社を依頼するときに気をつけるべき注意点やデメリットがあります。

経験やノウハウが蓄積されない

まず、経験やノウハウが自社に蓄積されないというデメリットがあります。内製でTikTok運用を行った場合に比べて、外部に業務を委託することで、自社が得られる経験やノウハウが限定的になります。

また、外部委託先では、業務を通じて得られる気づきや課題解決の方法の思索が制限されます。通常は、内製の体制で運用し、問題や課題に直面した際に、自社のメンバーがアイデアや解決策を考え、経験を積むのが一般的だからです。代行会社に任せきりになると、そのような創造的なプロセスが欠けます。

さらに、データ分析に関しても制約が生じます。代行会社とは単に結果の共有をするだけになりがちで、基礎データに触れずに応用的なデータ分析の結果から判断しがちになることも注意しましょう。

代行費用がかかる

デメリットの2つ目は、代行費用がかかることが挙げられます。代行会社に依頼すると、利益を含めた代行会社の料金プランの費用として支払う必要があります。単純な制作費や自社の人件費だけで済むところを余計に払うことになります。特に、代行会社のサービス部分に支払う料金は割高です。

そのため、代行会社に依頼する前に、予算の範囲内で代行費用をシミュレーションする必要があります。代行会社の料金プランやサービス内容を比較し、費用とサービスのバランスを見極めることです。

代行依頼の経験がないと会社の見極めが難しい

代行依頼は、表面的な部分だけでは見分けがつきにくいデメリットもあります。SNSの代行依頼をしたことがある人は、「似たような謳い文句で違いがよくわからない」と感じたことがあるかもしれません。

代行会社は実際に依頼してみて、その良し悪しがわかってくるところもあるため、依頼自体が未経験なら特に見極めが難しいのです。初めて依頼する代行会社に対しては、次の見出しで紹介するコツを押さえて、まずは問い合わせてみるのが良いでしょう。

TikTok運用の代行会社を選ぶコツ

ここでは、TikTokアカウントを上手く運用できる代行会社を選ぶコツをお伝えします。

料金プラン

TikTok運用の代行会社を選ぶ際のコツはいくつかあります。まず、料金プランを確認しましょう。代行会社は通常、複数のプランを提供しています。各プランには、事前に運用項目が決まっており、それに応じて料金が設定されているのです。依頼内容を事前に明確化し、運用する項目の範囲が自社のニーズに合っているか確認しましょう。

また、基本的に追加のオプションを依頼する場合は、予算内に収めるために、必要な作業やオプションについて相談することが必要です。代行会社と協力して、予算に応じた打ち合わせを行いましょう。

実績

TikTok運用代行会社は過去の実績をチェックすることが大切です。まずは、過去の運用アカウント数や社数、業種(業界理解度)を確認しましょう。多くの運用アカウントを持つ会社は、SNSに特化した経験と知識を持っていることを指します。それから、取引社数が多いことは、これまで経験した実績が多いということでプラスの判断要素となります。

また、見積やホームページのチェックだけでなく、実際に運用しているアカウントを確認することも大事です。実際に見ることで、コンテンツの質や運用の手法を肌で感じることができます。

さらに、口コミや評判、SNSの投稿なども判断に使える重要な情報源です。他のクライアントや業界関係者の意見や経験を調べて、代行会社の信頼性や信用度を判定しましょう。その際、口コミサイトなどを探して、代行会社の評判をリサーチすることができます。

顧客対応(コミュニケーション)

TikTok運用の代行会社を選ぶ際のポイントは、コミュニケーションがスピーディで頻度が高いことです。「問い合わせてもなかなか連絡が来ない」「対応に雑な印象があった」など問い合わせのときからきちんと連絡を取れているか見極めましょう。

また、完全に業務を任せるのではなく、代行会社が報告や打ち合わせを運用中の計画に組み込んでいるか確認することです。外注では経験やノウハウが蓄積しませんが、情報を共有して細かく伝えることで、社員が多少なりとも運用の仕方を学ぶ機会が作れます。

それから、体制が不十分でサービスの質が低い会社は人材が少なく、掛け持ちが増えて1社ごとのサービスの質が落ちます。担当者の数や運用の状態を問い合わせて知っておきましょう。

おすすめの代行会社11選

ここでは、おすすめのTikTok代行会社を厳選して11社紹介します。

株式会社テジ

株式会社テジはYouTube独自のノウハウでTikTok代行運用もできる会社です。専門知識がない初心者の方でもSNS運用が可能となります。特にバズる基準がわからない人でもそのコツを押さえた運用を実施します。また、当然ながらYouTubeチャンネルの運用、動画制作・編集にも実績がありますから、TikTok以外もSNSを展開する予定の会社にもおすすめです。

pamxy

pamxyはおすすめのTikTok代行会社です。YouTubeのノウハウをSNSにも生かした代行事業を提供しています。SNS特化のプロマーケターが企画提案から運用、提案まで専門のTikTok運用(SNSマーケティング)担当者がワンストップサービスを提供しているのです。運用はTikTokだけにとどまらず、他のSNSも含めた幅広い範囲での運用をサポートしています。そのため、TikTokを火付け役として、他のSNSもトータルで運用が可能です。

studio15株式会社

studio15株式会社は、創業からTikTok専門でコンサルの事業も行っているSNSに特化した企業です。TikTokを運営するByte Dance社と契約し、公認を受けた公式広告代理店でもあります。そのため、安心感があり、TikTok運用に関しては信頼性も抜群です。

代行内容には、動画制作から広告運用まで総合的なサービスが含まれています。例えば、トレンドの提案やアカウント運用のサポートなどです。有名TikTokerが所属し、コラボレーションも可能です。具体的な料金はないため、要相談となります。

リーディングコミュニケーション

リーディングコミュニケーションは、SNS運用や広告運用を代行する企業です。主に、企画・撮影・編集・投稿・レポート、アカウント運用など多岐にわたります。SNS総フォロワー数825万人超えで、TikTokを軸にしたSNSマーケティングが魅力です。

その上、クリエイターのアカウントから発信するインフルエンサーの(商品紹介)コラボもあります。スマホに特化したLP制作も得意な代行会社です。

メディアエイド

メディアエイドは、35万人ものフォロワーがいる運用代行会社です。2020年からSNS運用代行事業をスタートし、月間2000本以上の動画制作をこなしています。運用代行以外にも集客や採用にも携わる「コンサルプラン」「完全運用代行プラン」の2つから選択が可能です。

ディレクターがそれぞれアカウントを所有し、バズるのに必要な情報を持っています。予算に余裕のない企業でも依頼できる費用は小規模な事業者にとっては嬉しいポイントです。

Natee

Nateeは、若年層向けSNSのアカウント運用を代行する会社です。制作動画は5000本以上の実績があり、支援実績200以上、100万再生以上の動画300本以上です。TikTokの公認MCNにも認定されているのもいま注目といえます。

共創による動画の質の向上など積極的な企業同士の協力を目指しているため、パートナー相手として良い関係が築けるでしょう。若年層向け商品・サービスの企業におすすめです。

BrandingCreation

BrandingCreationは、1000万人超えの合計フォロワー数があり、会社代表によるTikTokerを育てた経験を活用して運用を代行する会社です。月900時間を上回る調査体制を有しており、追加費用なく二次利用できる動画を提供します。最速でフォロワー数増、売上効果を得たい企業におすすめです。

CARAFUL

CARAFULは、さまざまなSNSを運用するSNSマーケティング専門の代行会社です。専門のインフルエンサーを活用した集客(フォロワー数140万人以上など)を行い、インフルエンサーマーケティングに魅力があります。大手企業との実績も多数あり、ショート動画の制作経験・ノウハウを有しているのも注目です。企業のブランディングや集客におすすめです。

GROVE

GROVEは、「SNSコンサルティング&運用代行」でSNSの運用プラン提案をしている代行会社です。TikTokのみ1,900万人超えのフォロワーを有し、代表的なアカウントとしては、なえなの、パパラピーズ、などが挙げられます。

ブランディングの目的にフィットした企画アイデアや運用をしているのもポイントでしょう。自社に用意したスタジオでクオリティの高い動画の制作環境があります。インフルエンサーマーケティングの代行運用で積極的に効果を得たい企業におすすめです。

エイト

株式会社エイトは、動画本数指定の発注が可能な運用代行会社です。幅広いニーズに対応するため、幅広い事業を展開しています。その中でも注目は、通信事業、EC事業、ホームページ制作、動画運用代行です。TikTokの動画クリエイティブを投稿するSNS用の制作にも対応しています。

3ヶ月フォロワー数15万人近く増えるなど多くの改善効果の実績があります。制作をまるごと依頼できる代行内容です。動画月10本、毎日の投稿など具体的なサイクルなども決められるでしょう。企画の提案やコメントへの対応も代行しており、初めてで不安な経営者の方にもおすすめです。

ウィニングフィールド

株式会社ウィニングフィールドは、AIを利用した精緻なターゲティングが魅力のWEBマーケティング会社です。A/Bテスト効果検証、細かな分析に長けているため、データを収集して分析、改善のフィードバックに優れています。AIによるレポートの提供も可能で、「AIの導入はしたいが、TikTok動画の運用への生かし方がわからない」という企業におすすめです。

TikTok運用代行の費用は依頼する会社の規模や工数次第

TikTok運用代行にかかる費用やおすすめの会社を11選にして紹介しました。TikTokは、SNSの中でも動画制作が必須となるため、そのための環境の用意や運用代行の依頼は欠かせません。バズるのに必要な提案や運用ノウハウを活用して、自社のアカウントをユーザーに広めましょう。

弊社ではTikTokをはじめ、様々な動画の制作を行なっております。些細なお悩みでも構いませんので、ぜひお気軽にお問い合わせ、および資料請求ください。

今すぐ資料請求する