株式会社tegy

#TikTok

TikTokで保存できない動画を保存する方法。アンドロイド/iPhone/PC別に解説

TikTok動画はインターネットに接続して使用するアプリ・ブラウザのサービスですから、オフラインでの視聴が基本的にできません。そこで気になるのがTikTok動画の保存についてです。

TikTok動画は通常、保存のできる動画のSNSプラットフォームですが、保存できないケースもあります。そこで本記事は、TikTok動画が保存できない原因と解決法について解説します。

TikTok動画の保存が上手くいかない原因

ここではまず、ダウンロードの可否やできないときの原因について紹介します。

TikTokの動画は保存ができる

TikTok動画は、アプリのシステム上、全般的に動画保存ができるプラットフォーム環境を整えています。方法的にはTikTok内部と外部ツールを使った2種類があり、TikTok内ダウンロードを使うのが基本です。しかし、ダウンロード機能自体が充実しているわけではないため、ダウンロードはできても外部ツールが備えるような多機能性はありません。

保存が上手くいかない原因

上記から分かる通り、ダウンロードできるはずの動画がダウンロードできない場合、設定や環境、アプリ障害などの原因が考えられます。

【投稿者が動画を保存できないように設定】投稿者がアカウント設定で「動画のダウンロード」を「オフ」にしている場合、ダウンロードボタンが表示されず、動画を保存することができなくなります。

【ネット環境が悪い】

TikTokの動画はモバイルデータ通信やWi-Fiの電波を使ってダウンロードされます。ネット環境が悪い場所では、動画を保存することができません。

【TikTokアプリに不具合がある】

TikTokアプリに一時的な障害がある場合、古いバージョンを使用している場合は、動画をダウンロードできないことがあります。

【スマホで写真ストレージへのアクセス・ダウンロードを許可していない】

最近のスマホのOSでは、プライバシー機能が強化されており、TikTokアプリによるカメラロールへのアクセスが許可されていない場合、動画のダウンロードまで進めません。

【ダウンロードに内部・外部装置の容量が足りない】

スマートフォンやパソコンのストレージ(内部メモリーや外部メモリーカード)には一定の容量があり、保存できる容量を超えると新しいデータを保存することができません。

一般的に、スマートフォンやパソコンの内部メモリーには、アプリやデータを保存するための容量があります。内部装置の容量が不足している場合、新しいデータをダウンロードすることができない仕組みです。

外部メモリーカードも同様に、スマートフォンや一部のパソコンでは、外部メモリーカードを使用して追加のストレージ容量を増やすことができます。しかし、外部メモリーカードの容量が不足している場合、ダウンロードするデータを外部に保存することができません。

加えて、外部メモリカードは、保存設定や写真のアクセスなど設定の影響も受けやすいため、要領を十分に確保した上で設定条件もクリアしてダウンロードする必要があるでしょう。

ダウンロードできない動画を保存する方法

TikTokには保存できない動画がいくつかあります。その際に、動画を保存できるようにアプローチする方法を下記に紹介します。

方法1.スクリーンレコーディングを使用する

TikTok投稿動画がダウンロードできないときは、スクリーンレコーディングを使うことで動画をダウンロードの代わりに保存できます。スクリーンレコーディングとは、スマートフォンやコンピュータの画面上で行われる映像や動作を録画するアプリ機能を指します。

通常はこの機能で操作方法や解説動画を作成したり、ゲームプレイの記録を残したり、動画サイトの動画を保存したりすることができます。

保存までの流れは、まず、スクリーンレコーディングアプリをダウンロードし、TikTokの動画を再生しながら録画します。録画が完了したら、保存したい動画を停止し、スクリーンレコーディングを停止します。

保存したい動画が録画されたビデオファイルを確認し、必要に応じてトリミングや編集を行います。これを再生すれば上手く保存が完了したことを確認できます。この方法では、オンライン環境の必要ないファイル化が行われるため、TikTok動画をオフラインでも再生できます。

方法2.オンラインの動画ダウンロードサイトを使用

TikTokの動画は、ダウンロードできないときでも、オンラインの動画ダウンロードサイトを利用することでデバイス内に保存することができます。使い方は簡単で、オンラインの動画ダウンローダーサイトにアクセスして、TikTok動画のURLをコピー・貼り付けし、貼り付けます。

普段使っているサイトがない方は、検索ワード「オンライン 動画ダウンローダー サイト」などでも見つけられます。読み込んだ動画情報から、ダウンロード可否が分かり、可能であればダウンロードボタンをクリックします。上記の手順で動画をファイルとしてダウンロード保存できます。ダウンロードが完了したら、保存したい動画を確認し、必要に応じてトリミングや編集を行いましょう。

方法3.外部のアプリを使用

TikTok以外の外部アプリを使用して、TikTok内の投稿動画を保存することができます。やり方は、アプリストアからTikTokの動画保存アプリをダウンロードし、インストールします。その上で、TikTokの動画をアプリ内で検索し、保存したい動画URLを選択、コピペして貼り付け、情報の読み込みを終えたらダウンロードして保存します。

ダウンロードボタンが表示されないときの方法

TikTokの不具合や表示の不備により、ダウンロードが表示されないケースもあります。アプリ内からダウンロードボタンを使っていた人は、ボタンが消えるとダウンロードができなくなります。

しかし、表示されないときは別の手段で迂回して、ダウンロードすることが可能です。例えば、メールやInstagramに共有するためのシェアボタンをタップして個別に共有先を選び、そこから「ダウンロードする」をタップすることができます。また、セーブという機能を使うことでもTikTokアプリのマイページ内に保存することが可能です。

動画ダウンロード時にロゴや音声を消す方法はある?

次に、条件を絞ったダウンロードの可否についてです。よくあるのは、動画ダウンロード時にロゴや音声を消すことです。純粋に動画素材として個人や企業が使う場合、余計なロゴや音声を消したいときがあるでしょう。以下に保存方法やその有無について説明します。

ID、ロゴなしでダウンロードする方法

TikTokの動画をロゴなし・IDなしで保存する方法がいくつかあります。まずは、オンラインやアプリの外部ツールを使用する方法です。「awakest.net」というサイトなどでは、TikTokの動画をロゴなしで保存できるダウンロードツールを提供しています。ツールを使用するだけで、TikTokの動画をロゴなしに入手することができます。

また、iPhoneやiPadを使用する方法では、「Documents by Readdle」というアプリなどを使用して、TikTokの動画をロゴなしで保存が可能です。使い方は、アプリをインストールし、「ssstik.io TikTok 保存」にアクセスして動画のリンクを貼り付けます。以上は、いずれもロゴなしの動画を保存することができる方法です。

次に、パソコン(PC)のソフトウェアを使用する方法です。例えば、代表的な「iMyFone TopClipper」や「CleverGet」など、外部のソフトウェアを導入して使用することで、TikTokの動画をロゴなしでの保存が実現します。以上は使用方法も簡単で、高画質の動画をワンクリックで保存することができます。

とりあえず、公式以外のダウンロードサイトやソフトを使用すれば、動画ダウンロード時にロゴは付かない仕様です。

・音声のない動画を保存する方法

TikTokの音が出ない動画を音ありで保存する方法はあります。まず、「PowerDirector」や「Mute Videos」、「Video Replace Mix Remove Audio」などの動画ダウンローダーアプリを使用してミュート機能を活用します。これだけで、TikTokの動画を音なしで保存することが可能になります。

また、スクリーンレコーディングを使用する際にミュート機能を使える場合、ダウンロードせずに音声のない動画をPCやスマホに保存することもできるでしょう。ただし、普段利用している録画機能にミュート機能が備わっているかどうかは、ツールの個別確認が必要になります。普通に録画機能を使用しただけではミュートにならないため、気をつけましょう。

保存する際の注意点

TikTokの動画を保存する際には、次のような注意点にも留意する必要があります。

著作権(二次利用や違法アップロード動画)

TikTokの動画は企業が制作して著作権を意識するものばかりではなく、個人が気軽に投稿したものも多く掲載されています。どちらかといえば、企業動画よりも個人動画のほうが数が圧倒的に多いでしょう。そのため、ダウンロードして二次利用しやすいため、著作権を無視してアップロード時に法令に抵触する可能性があります。

基本的に著作権は親告罪ですから、個人に訴えられることは多くないですが、無断利用は著作権に反するという点は理解しておきましょう。利用許可のないものは、あくまでも個人がプライベートで使用する範囲から利用することです。

また、違法アップロード動画をダウンロードすることは日本では法令に触れるため、その点にも注意します。たとえ個人のプライベートで利用するためダウンロードしていても、違法動画はダウンロードする行為自体が法令に触れます。

しかし、著作権法第119条3項は継続性や反復性を前提としているため、「偶然ダウンロードしたものが違法動画だった」程度では法令に触れることはまずありません。あくまでも意識して違法アップロード動画を避けるようにするくらいの認識で大丈夫です。

著作権の遵守を徹底したい場合は、クリエイティブコモンズの動画に限定するなどです。クリエイティブコモンズとは、コンテンツ作成者が他者に作品の使用を許可するライセンスのことです。クリエイティブコモンズとしてライセンスされた動画は、一部の場合に限りダウンロードが認められています。ただし、クリエイティブコモンズであっても、使用条件に従う必要があります。

原則として公式な方法でダウンロードする

TikTokのダウンロード方法には外部のダウンロードサイトやツールが使えることをすでに述べました。インターネット上には非公式なサイトやアプリが存在し、これらを利用することで動画をダウンロード・保存することができる場合があります。

しかし、公式以外の方法はあまり使わないことです。なぜなら、企業に対してTikTok側から不適切なダウンロードをしたことが権利侵害に当たることを主張される可能性があるからです。

個人でプライベートな範囲でのダウンロードも、他のサイトやアプリからは利用規約に違反することがあります。しかも、ウイルス感染や個人情報の漏洩などのリスクも無視できません。公式を使わないとしても、その場合は信頼できるソフトやアプリを利用することで、セキュリティやプライバシーのリスクを最小限に抑えましょう。

本体保存ができないときに解決するためのチェックポイント

公式でダウンロードできないときに別の手段を試してもダウンロードできないときが稀にあります。その場合は、次のようなチェック方法を試してみましょう。

  • インターネット環境のチェック(モバイル・WiFi接続が切れている)
  • 本体の設定(ダウンロードできないようになっている)
  • ツールの操作方法(正しい操作手順ができていない)

最初に動画ダウンロード・保存に不可欠なインターネット環境を確認します。パソコン(PC)なら共有センター、スマホならインターネット接続設定です。

接続にも問題なく、TikTok動画以外のダウンロードができるなら、次に、本体の設定でダウンロードできないようになっていないかの確認をします。

最後に、ツールを使用している場合は、ツールの操作方法を再確認します。市販ソフトや無料・有料提供のものには、クラウド・スタンドアロンそれぞれ使い方も設定も異なるものです。

以上、ダウンロードまでの流れを改めてチェックしましょう。

TikTokで保存できないときの対処や別手段を知ろう

今回は、TikTokで保存できない動画を保存する方法についてデバイスごとにアンドロイド/iPhoneのスマホやパソコン(PC)に分けて解説しました。動画をダウンロードできないときの原因や環境・設定不備のパターンを知り、外部ツールで代用できるときはそれを利用することもできます。

ただし、ダウンロードは著作権に気をつけることも大切です。以上のことに留意して、TikTok動画をダウンロード・保存しましょう。

今すぐ資料請求する